レーザー脱毛| 医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、医療機関で専門医師の管理下で行うレーザー脱毛をいいます。医療機関のみ許可された安全性・確実性の高いレーザー機器を使用するため、高い効果が得られます。毛の黒い色素に反応しやすいレーザーを用いて熱処理しますので、肌への熱傷などの負担が少ないのも特徴です。もともとは高価な施術でしたが、レーザー機器の進歩や施術方法の確立に伴い徐々に安い価格での施術が可能となり、現在では、20代の女子を中心に大人気の施術となっています。

広島のルネッサンス並木美容皮膚科では、すべてFDA(日本の厚生労働省に当たるアメリカの機関)や厚労省で認可されたレーザー機器を使用しています。
当院には下記の4種類の脱毛用レーザーがあり、現在はソプラノアイスメディオスターNeXT PROの2機種をメインに使用しています。以下、当院のレーザー脱毛機の説明になります。

 

 

 

 

さらに、より効率よく施術を行うため、2019年3月に最新のレーザー機器、メディオスターNeXT PRO(エスクレピオン社 ドイツ)も導入しました。波長は808nmと940nmと、メディオスターNeXTとほぼ同じなのですが、XLという大きなハンドピースを用いることによって、大幅な施術時間の短縮を行うことが可能です。また、厚生労働省の薬事承認を取得している機種です。

当院では、これら4機種の特性を使い分けることにより、さらに安全で効率的かつ快適で効果的なレーザー脱毛を目指します。

  • 安心・確実
    医療機関のみで使用できる安全性・確実性の高い医療用レーザー機器を使用するため、高い効果が得られます。

  • 痛みが従来の脱毛法に比べ少ない
    痛みの感じ方には個人差があるので一概には言えませんが、ソプラノアイスやメディオスターNeXT PROといった蓄熱脱毛の場合、毛が太いところはチクチク引っ張られる様な感覚、毛が細いところは全体的に肌が熱を持つ様な感覚に似ています。痛みに応じて出力を調整しますので、痛みが苦手な方にもお勧めです。

  • 短時間・短期間で脱毛が可能
    レーザー照射時間は、両ワキの脱毛であれば5分程度です。きちんと通院していただいた場合、通常1年以内に脱毛が終了します。

  • お肌に優しい
    脱毛機のレーザーは、毛の黒い色素に反応して熱処理しますので、周囲のお肌そのものにはダメージが少ない、優しい脱毛法です。自己処理によるダメージ肌や敏感肌、アトピー肌などの方でも対応可能です。また、ダイオードレーザーによる蓄熱式の脱毛方法は、熱傷のリスクなども低くなっており、多少の日焼け肌などでも施術が可能という特徴があります。

  • 全身のどこでも脱毛可能
    皮膚へのダメージが少ないので、基本的には全身どの部位でも照射が可能です。VラインやI・Oラインなどのデリケートゾーンの脱毛もルネッサンス並木美容皮膚科へおまかせください。

  • 美肌効果
    真皮のコラーゲンの産生を促進し、開いた毛穴を引きしめる美肌効果があります。このため脱毛後は毛穴が目立ちにくくなり、肌のキメが整います。お顔の脱毛の後はメイクのりが良くなる、といったうれしい効果も期待できるため大人気となっております。

毛には毛周期(ヘアサイクル)があります。成長期から始まり、退行期、休止期を経て、再び成長期へ移行します。

広島のレーザー脱毛イメージ4

医療脱毛用のレーザーが毛の黒い色素(毛のメラニン)にあたると、光エネルギーが熱エネルギーに変わります。その熱が瞬時に毛穴の中を高温にし、毛の発生源である毛乳頭の機能が失われると、その毛穴からは毛が生えなくなります。

 毛の黒い色を利用して毛乳頭にダメージを与えるという特徴から、毛根を確実に処理するには毛と毛乳頭がくっついている成長期の毛である必要があります。毛と毛乳頭が離れてしまっている退行期や休止期の毛には効果がありません。これらに対しては、成長期になってから再度照射をする必要があります。このため、2ヶ月程度期間をおいて毛の成長を待ち、数回に分けて脱毛する必要があるのです。

一般的な体毛のうち、成長期の毛は全体の20~30%程度ですので、医療レーザー脱毛で一度に減らせる量は最大でもその程度ということになります。ご満足いただくためには、一般的に5回程度の施術が必要ですので、当院では5回セットプランをお勧めしています。5回目終了後もまだ毛が気になる場合は、安価なセット終了後特別価格にて施術を受けていただくことができます。