ビタミン注射・美容点滴

 ビタミン(vitamin)とは 私たちの体の中ではつくることができず、食物から摂取しないと欠乏してしまう栄養素で、vital(バイタル:生命の維持に必要な)とamine(アミン:窒素 が入った化合物の一種)がくっついた言葉です。推奨量や目安量が算定されているビタミンは 13 種類で、脂に溶けやすい脂溶性ビタミンと水に溶けやすい水溶性ビタミンがあります。脂溶性ビタミンはビタミンA、D、E、K、水溶性ビタミンはビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、ビタミン C、ビオチン、葉酸 があります。

 ニキビや口角炎、口内炎などのお肌のトラブルは、ストレスや生活の乱れ等によるものだけでなく、食生活の乱れなどによるビタミンB群などの摂取不足が原因のことも多いです。現代人では、約7割が一日の野菜摂取基準量である350gを満たせていません。野菜やくだものに多く含まれるビタミンCを代表とする抗酸化物質の不足はシミ、しわ、たるみといった皮膚の老化や、動脈硬化などの血管の老化も早めてしまいます。また、喫煙などはビタミンCを壊してしまいます。

 当院では美肌に効果があるといわれている以下の水溶性ビタミンを独自の調合でブレンドし、疲労回復や美肌、シミなどに効能のある注射メニューを用意しております。

ビタミンの種類 1日の推奨量/上限 効果・効能
B1(チアミン)

1~1.4mg

/上限なし

疲労回復、二日酔い、筋肉痛、神経痛、関節痛、末梢神経炎、便秘等の胃腸運動機能障害、術後腸管麻痺、浮腫など

B2(リボフラビン)

1~2mg

/上限なし

口角炎、口内炎、ニキビ、湿疹、エネルギー産生、発育促進、粘膜・髪・爪などの細胞再生、脂質代謝
B3(ニコチン酸アミド、ナイアシン)

11~15mg

/上限300~350mg

口角炎、口内炎、舌炎、皮膚炎、湿疹、メニエール
B5(パントテン酸)

4~5mg

/上限なし

皮膚炎、脱毛、副腎障害、末梢神経障害、成長促進、易疲労感、食欲不振
B6(ピリドキシン)

1.2~1.6mg

/上限40~60mg

口角炎、ニキビ、糖新生、セラミド生成、舌炎、うつ
B7(ビオチン)

50μg

/上限なし

皮膚や粘膜・爪・髪の健康維持、脱毛、湿疹、皮膚炎、ニキビ、結膜炎、筋肉痛、疲労感、食欲不振、味覚異常、不眠、神経障害など
B12(シアノコバラミン)

2.4μg以上

/上限なし

巨赤芽球性貧血、脊髄や脳の白質障害、末梢神経障害、しびれや知覚異常症状
C(アスコルビン酸)

100mg

/上限なし

強力な抗酸化作用をもち、風邪・がん・老化予防、肌のシミ・ハリ改善、ニキビ、壊血症など。高濃度点滴なども行われる

注射の種類 効果・効能 値段
ニンニク注射マイルド レギュラーで注射時のにおいが気になる方に*  1,500円
ニンニク注射レギュラー 疲労回復、二日酔いなど  1,500円
美白注射 ビタミンC1000mg、Lシステイン80mg含有。シミ、肝斑、日焼け前後など  1,500円
ビタミンC強化美白 ビタミンC2000mg、Lシステイン80mg含有。  2,000円
美白+ニンニク 美白注射とニンニク注射レギュラー両方の効果が欲しい方に  2,000円
ビタミンC強化美白+ニンニク ビタミンC強化美白+ニンニク注射レギュラー  2,500円
美肌注射 ニキビ、口角炎・口内炎、乾燥肌・混合肌、お肌のハリなど総合的な肌改善  2,500円
美肌スペシャル 美肌注射にさらにビタミンB2、B6、B7を追加増量  3,000円

*注射時に、血液の中をビタミンB1がめぐることでニンニクのような特有の香りを感じますが、注射を受けているご本人以外はにおいません

 

ビタミン注射|よくあるご質問

ビタミン注射には即効性はありますか?

 口から摂取したビタミンは、消化管を通るときに吸収され、その後、肝臓で分解・代謝されてから全身をめぐるため、体への効果はすこし時間がかかります。そして、すべてが吸収されるわけではありません。注射の場合、たくさんのビタミン全てをすぐに全身に供給出来るため、早さ、効果は経口摂取に比べて圧倒的に早く、高いです。

 ただし、疲労回復のニンニク注射などはすぐに効果を実感していただけますが、お肌に関しては時間をかけて徐々に改善されていくものなので、美肌効果を実感して頂くには週に1回程度をある程度の期間継続していただくことがオススメです。

ニンニク注射ってにおいますか?

 注射液の成分のビタミンB1が血液の中をめぐることで、ニンニクのような特有の香りを感じることがありますが、それは注射を受けられているご本人にしか感じないにおいであり、他の人ににおうことはありません。また、ビタミンB1投与により体がくさくなることもありません。

 ちなみに、この注射の際のにおいがニンニク注射の名前の由来です。

ビタミン注射を打つことで何か副作用はありますか?

 脂溶性ビタミンの過剰摂取による毒性は有名で、サプリなどもあまりありません。水溶性ビタミンは比較的安全とされておりますが、中には過剰摂取による症状が出るものもあります。また、高濃度の薬液を静脈注射することによって血管痛や静脈炎などを引き起こすことがあります。そういったことが起こらぬよう、ビタミン量や濃度なども計算した上で投与を行っております。

 ただし、注射ですので、特に血管が細い方で針を刺すことが困難であったり、途中で針が抜けてしまったり、内出血を起こすことがあります。また、ごくまれにアレルギーを起こす可能性もあります。

注射の時間はどれくらいですか?

 初診の方は5~10分程度の問診を行っておりますが、注射の時間自体は数分です。

 

点滴

点滴の種類 効果・効能 値段
白玉点滴

抗酸化作用が強く、老化予防・美白効果が高いと噂のグルタチオンを高濃度配合

大人気です!

  800mg   5,980円

1200mg 7,980円

1600mg 9,980円

(+500円でビタミンC2000mg追加)

美白スペシャル ビタミンC3000mg、Lシステイン80mg、トラネキサム酸500mg含有  5,000円
美白DX 美白スペシャルにさらにグルタチオンを600mg追加配合  8,000円
美肌プレミアム 大人気の美肌スペシャル注射にさらにビタミンB2やCなどを強化配合  5,980円
ルネッサンスオリジナル

美肌ビタミンB2、B6、Cなどにグルタチオン600mgを追加した欲張りメニュー

美白、美肌効果に加え疲労回復効果も見込めます

 8,000円
リカバリー点滴 二日酔い・肝機能増強・慢性疲労に  5,000円
マイヤーズカクテル

風邪・インフルエンザ、全身倦怠・疲労、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、こむら返り、生理不順、更年期症状、不眠、うつ症状など

 7,000円

 

ビタミン点滴|よくあるご質問

注射と点滴では何がちがいますか?

 ビタミン注射でも十分な量のビタミンを含有していますが、さらに多くのビタミンやその他の有効成分を入れようとすると、注射の項でも述べさせて頂いたように、高濃度薬液の静脈注射によって血管痛や静脈炎などを引き起こすことがあります。そこで、より多くの用液を入れることのできる点滴であれば、高用量のビタミンも薄めて安全に入れることが可能となります。

 つまり、点滴の方が注射よりも多くのビタミンなどの有効成分を入れることが可能です。

点滴の時間はどれくらいですか?

 ビタミン注射同様、初診の方は5~10分程度の問診を行っております。点滴自体のお時間は30分程度です。

 リクライニングチェアでゆっくりと過ごして頂けます。

点滴は注射よりも副作用が出やすいですか?

 注射よりも副作用が出やすいといったことはありません。副作用の内容は注射と同様、ごくまれに血管痛や静脈炎などを引き起こすことがあります。特に血管が細い方で針を刺すことが困難であったり、途中で針が抜けてしまったり、内出血を起こすことがあります。また、ごくまれにアレルギーを起こす可能性もあります。

グルタチオンってなんですか?

 グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸から成るペプチドのことです。強力な抗酸化物質であり、シミ、シワ、たるみや体の老化の原因である、活性酸素を取り除くことで老化予防やメラニン産生抑制作用などの効果を有します。また、ビタミンCを活性化させる作用や解毒作用などもあります。肉類(特にレバー)、ホウレンソウ、キャベツ、パセリ、キュウリ、カボチャ、トマト、 エノキタケ、赤貝などに多く含まれるとされています。ビタミンCと摂取することでより効果的になると考えられます。

 近年では、米国の歌姫がこの点滴により白くなったと噂され有名になりました。

マイヤーズカクテルって?

 米国のDr. John Myersが30年以上にわたり慢性疲労、喘息、うつ病などの患者さんに投与し効果を上げていた、ビタミンやミネラルをカクテルした点滴が由来です。1984年に亡くなり、その後アメリカホリスティック医学協会元会長のDr. Allan R Gaby が現代医学のエビデンスに合わせて改変し、その点滴で功績を残し、Alternative Medical Review誌にマイヤーズカクテルとして紹介したことから、全米各地の統合代替医療や自然療法の医師が臨床で処方するようになりました。

 ビタミンB群、Cとカルシウム、マグネシウムといったミネラルを多く含む点滴は、疲労回復や、かぜ・アレルギーなどへの抗炎症効果があると同時に、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できます。

 具体的には、気管支喘息、偏頭痛発作、全身倦怠・疲労、慢性疲労症候群、線維筋痛症、うつ病、こむら返り、急性上気道炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、心不全、狭心症、慢性蕁麻疹、甲状腺機能亢進症、生理不順、麻薬の禁断症状、耳鳴、自律神経障害、不定愁訴症候群、インフルエンザ、アスリートの運動能力向上と幅広い効果効能を有すると言われています。