レーザー脱毛| よくある質問

良くある質問

敏感肌やアレルギー肌でもレーザー脱毛は出来ますか?

施術可能な場合が多いのですが、状態にもよりますので、医師にご相談ください。テスト照射も可能です(診察やテスト照射は無料です)。炎症が強く出ている場合や色素沈着が強い場合は、落ち着くまで延期させていただくこともあります。一般的に敏感肌やアトピーの方は、むだ毛の自己処理でかぶれや色素沈着が起きやすいので、むしろ脱毛を行うことにより、肌のコンディションが改善する可能性があります。これらの場合、安全に施術が継続できるよう、肌の状態に応じて施術のタイミングなど、臨機応変に対応いたします。

何回くらいの通院で終了しますか?

レーザー脱毛でご満足いただくためには、一般的に5回程度の施術が必要です。ただし必要な回数は、毛質、肌のコンディション、体質、ひとそれぞれの満足度などにより個人差があります。また体の部位によっても減り方が違います。5回セットの脱毛で毛の減りにご満足いただけなかった場合は、6回目以降は特別価格にて対応させていただいております。

表示料金以外でかかる費用はありますか?

当クリニックでは診察料やテスト照射も含め、施術費用以外にかかる費用は一切ありません。脱毛後のケアとしてお渡しする軟膏も無料ですのでご安心ください。

男性もレーザー脱毛が受けられますか?

もちろんできます。男性でも最近はヒゲそりによるカミソリ負けが気になる、仕事上ヒゲを伸ばすことができない、などの理由で顔の脱毛を希望される方が増えています。また接客業などで清潔感を重視しているなどの理由で胸毛やうでの毛などの脱毛を希望される方もおられます。ただし男性のヒゲの場合、毛根が深く、黒くて太い毛が密集しているという性質があるため、痛みも強く、他の部位と比べより多くの施術回数が必要になります。通常5回程度で薄くなってくる感じが分かり自己処理が楽になりますが、かなり薄くするためには10回以上必要となることもあります。

脱毛ができない部位はありますか?

目の上など一部の部位を除いて、基本的にはほぼ全身の脱毛が可能です。詳細はスタッフにご確認ください。

白髪や脱色した毛の脱毛はできますか?

レーザーは毛の黒い成分(メラニン)に対して反応しますので、残念ながら白髪には反応しません。脱色した毛も同様で、この場合毛が再び黒くなるまで待つ必要があります。当院には蓄熱式のレーザー機器も用意があり、これは白髪や外国の方の金髪などにも効果があるといわれておりますが、現状ではやはり減りにくい印象です。

妊娠中はレーザー脱毛が受けられますか?

レーザーは皮膚表面からわずか4〜5mmの深さしか到達しないという原理上、妊娠中の施術も可能ですが、当クリニックでは母体にかかるストレスと安全性を最大限考慮し、妊娠中の方へのレーザー脱毛は原則的には行っておりません。セットプランで通院中に妊娠が判明した場合はご相談ください。

生理中にレーザー脱毛が受けられますか?

問題なく脱毛できます。ただしI・Oラインは、生理期間中の脱毛は控えさせていただいております。

ホクロや傷があったり、日焼けをしていてもレーザー脱毛は可能ですか?

ホクロや傷は大きさや程度にもよりますが、一般的には施術可能なことが多いです。ただし、ホクロ上や傷のすぐ近くでは、毛の色と周囲の皮膚の色との違いが少ないため、脱毛効果が落ちることがあります。日焼けが強い場合は、通常1〜2ヶ月間は施術を避けていただきますが、軽い日焼けなら対応できますので、医師にご相談ください。

多汗症やワキガの改善にも効果がありますか?

レーザーは、汗の主たる発生源であるエクリン汗腺には作用しませんので、多汗症には効果はありません。軽〜中等度のワキガに関しては、レーザーにより毛包がしっかりと処理されて縮小すると、においの原因になっていた毛包内の雑菌が減少するため改善が期待できます。ただし効果には個人差があるため、ワキガの改善のみを目的としたワキ脱毛の施術はお勧めしません。

レーザー照射による全身的な影響はありませんか?

レーザーの光は皮膚では表面からわずか4〜5mmの深さにしか到達しません。よって全身への影響は全くありません。もちろん皮膚自体への悪影響もありません。むしろレーザーを照射することで、真皮のコラーゲン産生が促進され、肌のツヤとハリが良くなることも分かっており、シワ・毛穴の開きの改善などの皮膚の若返り目的にも使用されています。

レーザー脱毛は何歳から受けらますか?

基本的に何歳からでも脱毛できますが、思春期前にレーザー脱毛を受けていったんきれいになったとしても、思春期のホルモンの影響で新たに毛が濃くなる可能性を考えると、初潮から5年以上たっていない方の脱毛はお勧めできません。初潮から5年以上たった方であればホルモンバランスも安定していると考えられるのでお勧めしています。ただし、未成年者のレーザー脱毛には保護者の承諾が必要です。

エステサロンの光脱毛との違いは何ですか?

厚生労働省の通達により、光やレーザーを用いて毛根を破壊する行為は医療機関でしか行うことができません。このためエステ側では自主規制として毛根を破壊しないように出力を弱めて照射しています。この場合、痛みは少ないのですが、脱毛効果を十分に発揮することができません。また万が一、スキントラブルが発生した際も、クリニックでは迅速に薬による治療が可能ですが、エステでは投薬は不可能です。以上より、効果・安全性のいずれの点からも、脱毛の施術は医療機関で受けることをお勧めします。

永久脱毛なのですか?

米国電気脱毛協会(AEA)の定義では、永久脱毛は「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である場合」とされています。レーザー脱毛もここ数年、数多くのクリニックで施術が行われるようになり、かなりの実証データも集まり、医療機関によっては「永久」と言い切っているところも存在します。当クリニックの経験上もレーザー脱毛終了後は米国電気脱毛協会の定義は満たされています。しかし、レーザー脱毛後でも通常は気にならない程度の細い産毛がわずかに残ります。現在の技術ではどの機器を使用しても、このような毛を完全に脱毛することはできません。「永久脱毛」=「一生一本も生えない」というイメージを持たれる方も多いため、「永久」をうたうのはふさわしくないと考え、当クリニックでは「永久脱毛」という言葉は使用しない方針としています。